初期投資はどれくらいか

不動産投資を始める場合、どうしても初期投資の金額が高額になるというデメリットがあります。賃貸経営をするにも、そのための建物の購入、土地を購入しいちから立てる場合は、土地の購入資金と建築費用の両方が必要となります。

中古物件を購入する場合は、数約万、土地から購入して建物を建設する場合は、数千万円の初期投資を視野に入れておく必要があります。これだけ高額な費用を用意するのは難しいという場合、最近はローンなどで購入して、家賃収入をローンの返済にあてるなどして不動産投資を行っているケースもありますが、ローン返済額が家賃収入よりも少ないと、固定資産税や修繕費用などを考えると、マイナスになってしまう場合もあるので、ローンを利用する場合は入念に下調べをして、空き部屋などが多くならない地域をえらぶなどの工夫が必要です。

また、賃貸物件を取り扱う場合の空き部屋対策として、リフォームが必要な場合もあります。特に、中古物件を購入する際は、築年数を確認して、購入後すぐに大きな修繕が必要にならないかという点もしっかりとチェックしておく必要があります。入居者とのトラブルや購入後の出費を減らすためにも、比較的新しい物件を探す事が大切です。