何年スパンで見るべきなのか

安い物件を購入して不動産投資を行う場合、何年で投資金額を回収できるかが重要な点となります。安い物件だと、500万円~600万円くらいの金額が妥当ですが、この金額を家賃収入で回収するためには、利率にもよりますが、7年~9年くらいが一般的です。

不動産投資をして、利益をだすには、家賃収入で投資金額を回収したのち、建物の売却をする事で、売却した金額はすべて利益となります。古い物件の場合、売却する時にメンテナンスをしっかりしておかないと、買い手自体つかない事もあるので日ごろのメンテナンスは必要です。

また、現在賃貸中の物件でも、売却をする事は可能です。その場合、買い手側からすると、購入後すぐに家賃収入が見込めるので、早い段階で買い手がつく可能性が高くなります。この事からも、不動産投資で重要なのは空き部屋をつくらない事と、利益をだすには、少なくても10年位のスパンを見て投資する必要があります。

そのため、無謀な初期投資をすると破産に追い込まれるなどのケースも多いので、不動産投資を検討している場合は、初めはある程度リスクの少ない物件を選んで投資する事が重要です。ある程度勝手がわかったころから、少しずつ投資金を増やすのが、大きなリスクを回避する事につながります。

初期投資はどれくらいか

不動産投資を始める場合、どうしても初期投資の金額が高額になるというデメリットがあります。賃貸経営をするにも、そのための建物の購入、土地を購入しいちから立てる場合は、土地の購入資金と建築費用の両方が必要となります。

中古物件を購入する場合は、数約万、土地から購入して建物を建設する場合は、数千万円の初期投資を視野に入れておく必要があります。これだけ高額な費用を用意するのは難しいという場合、最近はローンなどで購入して、家賃収入をローンの返済にあてるなどして不動産投資を行っているケースもありますが、ローン返済額が家賃収入よりも少ないと、固定資産税や修繕費用などを考えると、マイナスになってしまう場合もあるので、ローンを利用する場合は入念に下調べをして、空き部屋などが多くならない地域をえらぶなどの工夫が必要です。

また、賃貸物件を取り扱う場合の空き部屋対策として、リフォームが必要な場合もあります。特に、中古物件を購入する際は、築年数を確認して、購入後すぐに大きな修繕が必要にならないかという点もしっかりとチェックしておく必要があります。入居者とのトラブルや購入後の出費を減らすためにも、比較的新しい物件を探す事が大切です。

不動産投資を行うには

近年お金銀行に預けて利息などで増やす事は夢のような話になっています。老後のため、将来の事を考えて、資産を増やすためには、何か投資を行わないと、効率よく資産を増やす事はできません。投資と聞くと、株やFXなどが真っ先に頭に浮かぶ人も多いと思いますが、最近は不動産投資が人気を集めています。

不動産投資は、一部のお金持ちの人がやるというイメージはすでになく、最近はサラリーマンはもちろん、若い女性も不動産投資に興味をもっている人が増えています。では、どのようにしたら不動産投資ができるのか?あまりにもリスクや投資金額が大きくなってしまうと、中々一歩を踏み出す事ができないのが現状です。初心者でもできる不動産投資の始め方を、このサイトではご紹介していきます。

不動産投資をいざ行うとなった場合、初期投資はどれくらい必要なのか?これが一番に必要な情報です。自己資金がいくらくらいあればスタートできるのが、そこをチェックできれば、目標に向かって資金作りに励む事ができます。不動産投資をはじめるには、まずはここをチェックしましょう。

また、不動産投資を行った場合、何年スパンで考えると売却益がでるのか、賃貸経営のばあいはどれくらいでプラスになってくるのか、長期的な計画が立っていると、少し不安が解消されて、大きなリスクを背負う事なく、自分のペースで進める事ができます。まずは、不安解消のためにも、長期的な計画をたてる事が大切です。